忍者ブログ

ローマは一日にして成らず

日頃の努力が大事です

乳酸菌シロタ株と更年期

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

乳酸菌シロタ株と更年期

乳酸菌シロタ株と言ったら、何といってもヤクルトです。

その昔、白血病を患い、病気を克服した経験(これが邪魔をして新たな一歩を踏み出せないこともあるようです)のある渡辺謙さんのCMをよく目にします。


見事白血病に打ち勝ち、ハリウッドで引く手あまたのコマーシャルにおける渡辺謙さんのオススメをみていると、おおきな効果が得られそうな気分がします。

この間、インフルエンザに罹患してしまって内科を受診しました。どのくらいの潜伏期間なのか明白ではないのですが、インフルエンザ罹患中の人とどこかで一緒になって感染してしまったのかなと思っています。高熱が3日間も続いて大変な思いをしました。

インフルエンザは高い熱が続くので、いつもの風邪より大変ですね。元々、あとピーに有効な化粧水を日頃から使っています。しり合いから紹介された化粧水は、私の大変ひどかったあとピーを想像以上にきれいに消してくれたのです。
今まで見たくなかったはずの鏡を見ることが、嬉しくなりました。
手が触れる度に素肌がサラサラになったことを実感しています。便秘に効く食料品は、水分や食物繊維、乳酸菌を有する、発酵食品などをさしています。しつこい便秘の方は、便が固く腸内に滞留した状態になっております。


少しでも早く、この状態を解放して、お通じを出やすく柔らかくするため、まず、水と食物繊維を摂取する事でながら腸内環境を改善するのが良いでしょう。

乳酸菌とビフィズス菌は乳酸を造るというところでは一緒ですが、ビフィズス菌にはそのほかにも、酢酸などの成分も、つくり出す力があるのだそうです。だから、ノロウィルス対策に効果的と考えられているのですね。このごろは、多彩な感染症についてのきく機会も増えたので、、意識しながら摂るといいかも知れません。

主に一歳から五歳くらいの子どもがインフルエンザといった病気に感染し、発熱を起こした後、急速に痙攣や意識障害、異常行動等の症状を引き起こすのがインフルエンザ脳症といったものです。
インフルエンザ脳症というのは、命の危機に関わることもある重篤な疾患であり、病気の回復した後に後遺症が残ってしまうこともございます。

乳酸菌摂取に効果的な時間ですが、これと言った決まりはある理由ではないのです。
どれくらいを、どのくらい摂るかは商品のパッケージに、書いてあるところがありますから、目安はそれにして下さい。その日の摂取量を一回にして摂取するのと比較した時、何回かに分けた方が身体のすみずみまで届くということから腸内環境を整えていると美肌効果があると聞いて、ヨーグルトを懸命に食べていましたが、そのじつ、ヨーグルト同様に食品らしいのです。

「乳」とついていることから、てっきり乳酸菌は乳製品からしか摂取できないと思い込んでいました。

これはちょっと恥ずかしい気もちです。

更年期 サプリメント

あとピーにいいと言われている入浴剤をサンプルでうけ取りました。


あらゆるものがそうですが、試してみないと評価できないものです。その入浴剤は皮膚によく馴染んで、自分に合う感じでした。
ヒリヒリする事もありませんし、肌がつっぱるような感覚もなくて、潤いを保ちます。母は重度のあとピーです。遺伝していたようで、私も同じくあとピーになってしまいました。皮膚がボロボロになって、毎日の保湿ケアが欠かせません。
しっかりとスキンケアをしないと、外出も厳しいのです。


母を憎んでも仕方ないですが、私の子いっしょに遺伝してしまったらと思うと、悲しい気もちになります。

PR

コメント

  • Home

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

カテゴリー

最新記事

P R